アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

聖戦ケルベロス 海外レビュー

 あらすじ

クナアーン大陸には聖アモリア王国、イシルフェン王国、ヴァンロディス王国という3つの王国があり、その力は互角だった。

魔導師達はその大陸を脅かす邪竜・ダガンゾートを封印するための儀式を行おうとしたところ、何者かの妨害を受け、ダガンゾートに殺されてしまった。

封印に参加していた魔導師バイロとキスミテーテの子であるヒイロは、夫妻の従者であるギルーに救われ、剣の修行をした。10年後、彼は両親の敵を討つべく、養父を引き連れ旅に出る。

2016年4月5日 - 6月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

facebook_icon

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:3

ワンワードレビュー:ごみ。

あなたは冒険のアニメのファンですか?

あなたは幻想に夢中になりたいですか?

あなたは興味深いサイドキャラクターとそのクールで強力なメインキャラクターをお探しですか?

あなたにそれを壊すのは嫌いだが、あなたは間違った場所にいる。私が見たほど、​​それは完全なゴミであると思った。それは、約エピソード8までです。それからそれはピックアップし、最後の5つのエピソードのためのバンチプロットの便利さと少し下の平均シリーズになります。私は多くのアニメを見て、通常は高い評価を与えている。私はこれが実際にあなたの 時間を無駄にする価値がないと思う 。冒険とファンタジーは私の好きなジャンルですが、これは...

このショーがいかに悪いかを強調するために、あなたの選択の典型的な涼しく強い主人公を取り、彼の冷涼さ、強さ、知性、技能、カリスマ、および他のすべての良い性質を取り除く。あなたが終わったら、残っている悪い特徴を取り、3歳の息子の性格を加えてください。実際には、あなたがそれにいる間、彼にナルトのようなJinchurikiを作るかもしれません。最後に、主人公を助け訓練するためにヘマンが降りた後も、このシリーズの主人公はまだ失敗に終わってしまいます。

ストーリー:(2/10)

この神秘的な明らかに強い男として主人公を紹介します。トレーニングにもかかわらず、彼は個々のスキルに関してほとんどどこにもいません。

ここにあなたが入っているものの概要があります:

お父さん:「私たちはこの究極の獣を封印しなければなりません。オハイオ州はそれほど強くない!私は6歳の息子を救う必要があります。誰がバトルフィールドにいるのか!

息子: "お母さん、お父さん----いいえ!"

お父さん:「心配しないで、私は行く前に、あなたに1次元のナルトのつぶやきのノックオフを作ってあげましょう!

誰もが死んで、6歳の人は究極の獣を殺すために復讐に追い込まれ、ひどく秘密の強力なスキルや能力を持っているか、少なくともそれが私たちが望んでいるものです。(それは使い慣れたものだからです。)

残念なことに、実際には、主な男性キャラクターは、実際に私が学校の瞬間から見た最も魅力的な主人公の1つです。テイルズオブジアビスの主人公と似ているが、彼は本当に恐ろしいことが分かっていた。私は元々エピソード7でこのシリーズを落としましたが、私の元のレビューがこのシリーズをかなり恐ろしいものとして描いて以来、別のチャンスを与えることに決めました。幸いにも、それはわずかに拾いましたが、それは非常に退屈で、遅いです。主な女性キャラクターは完全な文章を書くのに問題があり、非常にばかげて、奇妙で非論理的です。私は彼女が深い背景ストーリーで何らかの神秘的な美しさになることを望んでいたが、それはそのように終わらなかった。

アート:(4/10)

私はこのキャラクターがいかに面白く見えているかで、このショーを見始めました。しかし、芸術そのものはあまり偉大ではない、それは新しいアニメの標準よりも平均以下の側面にある。バトルシーンは一種の乾いた状態です。しかし、背景技術はかなり良いです。アニメーションは絶対にひどいです。2000年代初めにようこそ。ただ悪い。全体的に、芸術は平均的ではないので、私はキャラクターデザインが好きなので、それを4に上げました。

音:(5/10)

私は音楽がこのアニメの最も充実した部分だと言わなければならない。アニメのことはあまり良くないとは言いません。音には特別なものは何もありません。バトルシーンは素晴らしいですし、音楽はファンタジースタイルのアニメに合っています。キャラクターの声もうまくいきます。しかし、音楽はかなり良いです。正直言って、私はむしろショーのこの悪い言い訳を見るよりも、繰り返して音楽を聴きたいです。

文字:(2/10)

1次元ゼロエフォート文字。キャラクターは興味深いものでも、実際の裏話もありません。主人公は、涼しげな高齢者の身体の中で、3歳の甘やかされた人物です。すべてのキャラクターはかなり悪いです。シリーズが進むにつれて、それはより耐え難くなるだけです。しかし、あなたが最後までそれを見るならば、あなたはそれらに付くように始めるかもしれません。

開発?どのような開発ですか?キャラクターにランダムなことをさせて、プロットの便宜をもたらしましょう。

主要な人間の悪役は非常に奇妙に見え、心理的にはちょっと変わっています。メインガールもかなり悪いです。サイド・キャラクターはすべてかなり悪く、このショーのキャラクターには何の関心も感じないので、私は彼らの名前を覚えていない。

楽しさ:(2/10)

私はエピソード4-6の周りに私はそれについてのレビューを書いていない場合は、このショーをドロップした可能性が高い。それは本当に価値がありません。終わりに向かって、それは完全なごみではありませんでしたが、それは耐え難いほど遅かったです。それは悪化していた可能性がありますが、それはどこにも良いまたはまともではありません。

全体:(3/10)

シリーズの最初の7つのエピソードは非常に乾いて退屈でした。それはエピソード7の後でちょっと拾い始めましたが、私がそれを見直していない場合には、私が見ていたところまで近くにはありませんでした。最初の6つのエピソード2/10、最後の6つはおそらく約5/10でした。

総合評価:3

あなたは本当に楽しかったほど悪いショーを見たことがありますか?ショーのランタイム全体が、実際に何をやっていたのか、何をしているのか全く気にしていない時がありましたか?さて、2000年代初めに作ったように見える春の2016年のアニメ、ケルベロスの物語を教えてください。プロットラインは非常に悪いので、最終的に急いでいるかどうかを決めることはできません。外に出る。

ストーリー:Kuna'ahnの大陸は、 邪悪なドラゴンDagan Zot。何年も前に起こったバルバグア災害の後、世界は恐ろしいまま残され、邪悪な龍が帰ったら恐怖を感じる。邪悪なナンブコが自分の議題を持っている間に、邪悪なドラゴンを殺して世界に平和を戻すために、逃げ回る剣士としての旅に出てきたヒイロ(英雄への翻訳:はい、それは本当に彼の名前です) 。

私はちょうど真実をここに置くつもりです。このショーはTERRIBLEです。私はそれを糖衣していません。このショーは本当に、本当に悪いです。主な物語は、邪悪なナンブコを倒すためにヒロを追いかけようとしていると同時に、主なアンタゴニストと恐ろしいクリーチャーDagan Zotを倒すことです。しかし、代わりに、私たちが得ることは、世界に感じるために減速したいのか、話を終わらせる必要があるためにスピードアップするのかを決めることができない物語です。ペーシングは主にストーリーの問題のせいです ショーはすべての場所を行き来し、まれに1つのペースに固執することを決めます。最初の町だけで良い4つのエピソードを過ごしています。つまり、シリーズの3分の1は1つの場所にとどまるだけで、

ペーシングの問題の結果、ショーの側面の多くは非常に平坦になります。その稀少なドラゴンは、スクリメージの欠如のため、シリーズに対する実際の脅威ではなく、プロットデバイスです。地獄では、龍は実際に私たちの主人公に害を与える方法で全く何もしません、実際に何かをするよりも私たちの主人公が投げ込まれている状況の大多数への減殺剤としてもっと行動します。彼らはまた、世界の建物のかなりのビットをしようとするが、何を推測する?それはそこにもないし、不足している/不完全でもない。私はクリエイターがただの素敵なアイデアを一緒に抱き締めようとしていて、彼らが固執したことを願っているように感じます。私たちが提示していることの多くは、ちょうど現場で行われ、神に祈って、すべてが都合のいい場所に落ちるように感じるように感じます。地獄、

全体として、Cerberusの話は、何か正しいことをすることができない一般的で予測可能な作品です。それは、それがペーシングになるとカメやウサギになりたいかどうかを決定することはできません、それは正しく物語を流すことはできません、それは私たちの地獄の世界について何も教えてくれない、そして地獄それは恐ろしい邪悪なドラゴンのことを正しく得ることさえできません。ちょうどそれがポップアップして町や何かを吹き飛ばす代わりに、その心を元気にするのに苦労しているのです!

概要:

- 一般的な話

- 恐ろしいペーシング

- 世界の構築に失敗する

- 予測可能な

キャラクター:うん、私には嘘をつかない、これらはキャラクターではない、これらは人形です。人形はこの恐怖の段階を踏み出した。

ヒイロ。ああ少年。これについて何と言いますか?Hiiroのキャラクターは、自分のストーリーラインを正しく進めるための基礎を正しく理解していないような、利己的で、題名のつかさのキャラクターです。彼が主人公になっているにもかかわらず、Hiiroは多くの周りに投げ込まれたキャラクターであり、まったく正しいことをしていないようです。彼は赤ちゃんのスライムを打ち負かすことができないという意味では非常に弱いキャラクターですが、シリーズの彼の全身は彼が「私は悪夢を打ち消すでしょう」と叫んでいます。彼は主人公のプロットアーマーを持っているという事実を与えられました。あなたは何が起こるかを推測することができます。彼は口を動かすだけでなく、聴衆のように何かを本当に行うことはできません。いつものように行動するキャラクターに根差したインセンティブはありません。

それから、話の女性の主人公、そしておそらく最も奇妙なものがここにあるサラートがあります。サラトは...奇妙なケースです。サラトの使用法は純粋にプロットの目的のためだけです。彼女は必要なときにプロットに参加すること以外には何もしません。もちろん、シリーズが進むにつれて、なぜ彼女は本当に奇妙で独特なのかを知ることができますが、正直なところ、シリーズのその時点では、何も本当に意味をなさないので、すべてを受け入れることは驚きではありません起こったことすべてがとても便利に起こっているように見えますが、どのようにして最初の場所で失う可能性があるのか​​は不思議です。

そして最後に、物語に対する大きな、悪い敵のナンボコ。ドラゴンではない(主人がそれを持ってどこにも行かないことを知っているからだ)が、これは何よりも詐欺師である武器販売店だ。まったく正直なところ、私は...実際には...彼の計画が何で始まったのかは分かりません。これは単なるストーリーのように責任を負うペースではありません。ナンブーコは「ムハハハ、私はイイ!彼の計画が変わる原因となっている。あるシーンでは、より多くのお金を稼ぐために町を奴隷にしたいと考えています。もう一つ、彼は、ドラゴンをコントロールしようと決めました!第三に、彼はすべての軍隊を戦い、彼がお金を得ることができるようにしたい、そして彼らはすべて悪い儀式のために1つの場所に集まる。最終的には、 "それをねじ込む、究極のパワーは私!!!!" など、この男が具現化しているものに実際に与えることができる唯一の真の説明は、まさに正直なところ、「悪魔のエロル」だということです。 。(また、彼のファッションセンスは少し仕事を使うことができます。)

残りのキャストは2つのカテゴリに分割されます。彼らには何も言及する価値のない飼料があります。なぜなら彼らはそこに映画を作っているからです。そして冒険家のメリーバンドの他のメンバー、Giruu、基本的にはHiiroのボディーガード、Timotte、いくつかの神の未知の理由実際には無駄です。エリン、ネコミミの情報ブローカー、矢を撃つハープの物(私はそれを自分で手に入れません)、パルパは、おそらく私の大好きなキャラクターです。(私は後でなぜそうするつもりですか)ああ、そういう邪悪なロリ・シャリシャールがいます。シリーズの迷惑なのです。

全体的に、文字は一言で言えば、失望しています。おそらくあまりにも多すぎるかもしれないので、約5語でおそらくそれらのそれぞれを合計することができたので、彼らについて言及することはあまりありません。主人公や悪役よりも、サイドキャラクターは明らかに面白いですが、正直言って、私もあなたに話す時間はありません。

概要:

+サイドキャラクターはやや面白い(または面白い)

- 主人公を刺激する

- プロットベースの女性のprotag

- ムハハハー私はナンブーコだ、私は悪だ!私はまったく脅威だ!ムハハハ!

芸術:ケルベロスは、Bridgeが制作したオリジナルのシリーズで、ほとんど知られておらず、比較的良い理由があります。アニメーションが悪いです。まあ、それは少し厳しいです。アニメーションは質の面で時間を遡っているようなものです。これは会社のほとんどがUfotableA-1 Picturesではありませんが、このショーのアートは、今日の標準的な手描きの日本のアニメーションと見なすことができる「標準的な運賃」にスタックしていません。

このショーのカラースキームは、怠惰で生き生きとしているような淡い色のパレットに向かっています。色はちょうど非常にまばゆいと私は私が実際に戻って1990年代後半の2000年代の時代からショーに戻ったように感じることがインスピレーションを感じるようです。そこ'

概要:

- 低品質のアニメーション

- 生き生きした配色

サウンドサウンドトラック、私は気にしません。本当に面白いことは何もありません。彼らは大丈夫だけど...本当に時間の価値はない。

個人的な楽しさ:大丈夫、ショーは、予期せぬことと悪いの両方のファックAWFULのストーリーラインを持っている、主人公はファックとして迷惑で、芸術は怠惰であり、龍は何もしない、そして拮抗者はただ叫ぶ "悪い私は悪い、笑 "。だから、このショーのために、これらのひどい、目を痛めて悪い資質のすべてで...なぜ。Am。私は笑顔ですか?まあ、問題の単純な事実は、このショーは面白いクソです。確かに、あなたの脳をオフにする必要がありますが、私は毎日やっているようにあなたがあまりにもハードと考えていない場合は、このショーは私が見ただけのベストです。それはメーカーが彼らが何をしているかについて単一の性交を与えていないことは明らかだから、「それはとても悪いです」というカテゴリーに属しています。私はこのショーと面白い人を見て爆発した。

私はこのショーを好きでしたか?

私はそれがちょうど悪かったというまったくの理由でそれが好きでした、そして、それはそれが悪いことを知っていました。また、Palupa。私がこのシリーズで気にしたのは、彼が常識を持ったそのキャラクターだからです。シリーズで何が起こったのかにかかわらず、彼は常に手元の状況を自覚しているように見え、物事が愚かなアイデアであり、現在の計画がどれだけうまくいくのかを知ることができました。

私はこのショーについて好きではなかった?

ヒイロ。男を嫌う。彼はとても傲慢で自分自身でいっぱいで、橋から彼を追い出すことができ、一心の悔しさを感じることのないその人です。

私はこのショーをお勧めしますか?

いや、ただ。ストレートアップ。いいえ、個人的には、悪いショーを見ることに慣れています。私は、彼らが作られたときに彼らに与えられたファックをゼロにしたように見えます。しかし、正直言って、このショーが持っているマイナスの性質のせいで、誰もがこのショーを遠く離れた場所にあると見なす時間は、価値がありません。(あなたは概要を見ていますか?すべてのカテゴリーのうち、一つだけがプラスになっています)