アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

魔法の天使クリィミーマミ 海外レビュー

 あらすじ

森沢優はちょっぴりおませで小生意気な年頃の、10歳の女の子。幼馴染の大伴俊夫に密かな想いを寄せているが、肝心の本人にはいつも子ども扱いされてばかり。

ある日、夢嵐によって道に迷っていたフェザースターの箱舟に遭遇し、夢の世界フェザースターの住人である妖精ピノピノと出会った優は、ピノピノから船を助けてくれたお礼として1年間の期限付きで魔法のステッキを授かると共に、猫の姿を借りた使い魔ポジとネガをお目付け役として預かった。調子に乗った優はさっそく魔法の力で16歳の成長した少女の姿に変身し、何も知らない両親や俊夫をからかって他愛もないイタズラを楽しんでいた。ところが、街を歩いているところを芸能プロダクション「パルテノンプロ」の社長・立花慎悟の目に留まり、半ば強引にスカウトされて歌手デビューする羽目になってしまう。たちまち大人気アイドル・クリィミーマミとして活躍することになった優だが、あろうことか俊夫がマミの大ファンになってしまう。自分自身のもう1つの姿であるマミを交えた奇妙な三角関係に悩みながら、優は、昼間は小学生、学校が終われば人気アイドルという二重生活に奔走することになる。

ところが、NPB歌謡祭の本番の日の夜、変身の決定的瞬間を俊夫に見られたために優は魔法の力を失い、元に戻れなくなってしまう。「優の持つ魔法の力を俊夫が吸い取ってしまったからだ」とピノピノに知らされた俊夫は、魔法の力を使って迷うことなく優を元の姿に戻すことを選ぶ。安堵する優であったが、このままマミが姿を消すのはまずいと判断したピノピノに約束の1年が過ぎるまでクリィミーマミとしてアイドル活動を続けていくように諭され、俊夫の中から魔法に関する記憶だけを封印するのと引き換えに新しい魔法道具を授かる。こうして全てが以前と同じに戻り、優は再びマミとして活動していくことになった。

1983年7月1日 - 1984年6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

mg_title_sum_001

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:8

私はある日Creamy Mamiのスクリーンショットを見つけ、マミーが彼女が誰だったか知るために必要なそんな馬鹿なキャラクターのように思った。彼女のさまざまなイメージをグーグルで見つけた後、私はエピソードまたは2つを見る衝動を感じた。

私は約2週間でアニメ全体を終了しました。それは私のために巨大です。

キャラクターは非常にユニークで活発で、シリーズ全体で同じ性格に固執していました。主人公の森澤優がそのような子どもや未熟な才能を披露するのは特に嬉しいことでした。 人々はしばしば彼らのキャラクターを「純粋な」または「完璧な」ものとして描写しているように見えます。この方法で、キャラクターは非常にrelatableと見て楽しかった!彼らがシリーズで紹介したキャラクターについての私の唯一の苦情は、エピソードの多くが興味深い人々をもたらし、複雑なバックストーリーを伴い、決して再び出現しないということでした。それでも、クリーミーなマミーのアニメには、ユニークでかわいい話がたくさんあったので、無益な気持ちになってしまいました^。アニメが過度に深刻なプロットに従うと、感情的な部分が触れにくくなることがよくあります。

これとは対照的に、クリーム・マミーに甘くロマンチックなシーンが登場したとき、それはちょうど最もかわいいもののように感じました!

一般的に、私はおそらく、このアニメを私の好きなジャンルであるコメディの一部として使っていたので、とても速かったでしょう。私は悲しいアニメが大好きですが、そのような感情に基づいたものは、私にとって面白くないことがよくあります。私は物語に入ると、あらゆる種類の感情を経験するのが好きです。私がクリームマミを見ている間、それは間違いなく存在していた。

私はCreamy Mami 9 starsを評価しました。ストーリーが実際に発展/変化しなかったので、これは過剰に寛大であると見なされ、魔法の側面の多くは決して完全に説明されたり進められたりしませんでした。簡単に言えば、面白いアイデアの多くは、決して終わらないかのように感じられました。そして、それはちょっと心配でした。それでも、私は無実の重要性とシンプルでストレートなラブストーリーを思い出させるためにクリームマミに10/10を与えたいと思っていました。

結局のところ、劇的なエピソードでシリーズを過負荷にする必要はありませんでした。視聴者が顔に大きな笑みを浮かべて残すようにしました。

総合評価:8

萌えマニフェスト(モエの歴史をカバーする本、モエ作品のクリエイターからのインタビューが満載)を読んだ後、私は80年代初めのシリーズのいくつかを調べたいと思っていました。私の目をつかまえた2つのシリーズ、Creamy MamiとMinky Momoがいました。私は後者のためのsubsを見つけることができませんでしたので、私はすべてのエピソードはsubbedされて以来、私はマミを見て決定した。私は自分が何になるのか分からなかった。どういうわけか、私はかなり夢中でした。

クリーミーマミは私が見た最もユニークな魔法少女シリーズの一つです。このアニメで際立っているのは、どのように ユウの変態アイドルキャリアは、エピソード的なストーリー構造に統合されています。それぞれのエピソードで、クリーム・マミは私が期待していなかった興味深いテーマやテーマをたくさんカバーしています。彼女のキャリアを通っているユウの状況は、奇妙なものから驚くほど成熟したものまで、最も効果的で子供にやさしい方法でアイドルの闘いをカバーすることができます。

そのキャラクターのキャストも輝きます。Yuuはかなり一般的なことを始めましたが、彼女は子供のような性格をより多くのエピソードで紹介して好きになりました。キャストの残りの部分はかなりチーズですが、それ自体が非常に好きです。真吾/めぐみの厄介な関係と、優生のためのトシオの馬鹿げた軽蔑は、かなり堅実なコメディのために働く。何か問題があった場合、それは軽微です。時には、曲が刺激を受けるようになるまで、曲が何度も何度も繰り返されることがあります。私は、音楽の選択肢がさらに多様化したかったと思っています。そして、これは主に優先的ですが、私は魔法使いのようなゆうの話が進歩的であることを願っています。そのエピソード形式はうまくいきますが、私はYuuの満足のいく成長を成し遂げることができるいくつかのキャラクター開発を見たことが大好きでした。

全体的に、私はCreamy Mamiで余暇を楽しんでいました。マミの物語やキャラクターには、私が見守っているだけの多様性と楽しさがあります。Cardcaptor Sakuraのような魔法少女アニメのエピソードが好きだったら、間違いなくCreamy Mamiが大好きです。マミの歌「Fall in Love」を聴いて、私は今休みにいきます。