アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

銀装騎攻オーディアン 海外レビュー

 あらすじ

高校を中退し、暴力に明け暮れる日々を過ごす主人公「哉生優」はある日、先輩の「橘了」から沖縄にある兵士養成機関「IMO」への入隊を誘われる。IMOに見学に訪れた優はそこで幼なじみの「藍原ナンナ」と再会、さらに初めて乗ったはずの人型機動兵器「リムヒューガン」を自在に乗りこなして見せる。IMOへ入ることを決意した優はチームメイトとなる「ウォルフ・エリクマイヤー」、自分と同姓の上官「哉生香織」、そして、謎の少女「ネル・マクマハウゼン」などとの出会いを経て、数奇な運命に巻き込まれていく。

2000年4月4日 - 9月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

10832_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

Platinumhugen Oridianは壮大な欲望を持つメカアニメですが、壊れて混乱するように感じます。

ストーリー:プロット自体は大規模で、いくつかの派閥と数多くの人々がそれぞれ独自のアジェンダを持ち、不思議な実験を中心に結びついています。

ストーリーは単にイベントをローリングさせることから始まり、すべての説明は後で残します。ミステリーを生み出す古くからの方法であり、物事は単純なままですが、シリーズはうまくいっています。残念ながら、プロットは濃くなり、説明が必要になり、その時点で問題が発生します。いくつかの主要な事実はうまく説明されているが、他の事実はあいまいな説明しか与えられていない。これはキャラクターの開発にも影響し、キャラクターや派閥が何をしているのか不思議に思うかもしれません。

また、最後は非常に突然です。紛争が解決された瞬間に、クレジットが転がります。

私は、物語がよりよく説明されていれば、それはまったく夢中になっていただろう、あるいは少なくとも、それはナンセンスであることを確信するのに十分なほど安定していたと思う。おそらく、ショーの予算が逼迫していて、説明に十分なエピソードを用意できなかった可能性があります。私はファンサブを見ていたことに注意してください、そして何度も、コンセプティブな文章が一緒に意味をなさないので、アニメキープがまともな評判を持っていますが、それが最良の翻訳であるかどうかはわかりません。

芸術:時代遅れの矛盾がありますが、芸術はまともで、合理的に詳細です。

サウンド:良い。私はそれについて特に良いか悪いことに気付かなかった。しかし、他の多くのアニメで使用されているのと同じ「武器充電」音だと私は誓うことができます。

文字:よく発達した人格を持つ多くの人物ですが、言及されていない説明のために、おそらく不自然な意思決定をすることがあります。

楽しさ:私はこのシリーズが「知的」であり、思考を促すことを意図していると信じていますが、「なぜ彼らはそれをやっているのですか?」と尋ねている間、そのようなシリーズを楽しむのは本当に難しいです。私は、行動を話すことの割合があまりにも大きくなっていると思うので、アクション・ジャンキーがプロットを無視するだけで多くの価値を得ることを話すことに賛成する。

全体:このシリーズには潜在的なものがありましたが、実際に見てみる価値があると言われる必要がありました。もちろん、日本語ではストーリーは実際によく聞かれますが、その場合はより良いファンブが必要ですが、問題が100%解決されるかどうかは疑問です。