アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

超変身コス∞プレイヤー 海外レビュー

 あらすじ

コスプレ好きの女子高生である星野古都が、偶然邪神を復活させてしまい、その結果世界は魔物の徘徊する危機的状況に陥る。この状況を打破するため、彼女はコスモポリタンプレイヤー(略称:コス∞プレイヤー)と呼ばれる祈祷師(PrayerでありコスプレのPlayer(遊ぶ者)に引っ掛けている)の一人であるミコレイヤーとなり、仲間のコス∞プレイヤー達とともに敵と戦っていく。

ヒットをねらえ!

刑事ドラマが好きで、その制作に携わることを志望して宝竹に入社した生田美月に、プロデューサーとしての初仕事が任されることになった。しかし、それは刑事ものではなく色物企画の特撮番組『超変身コス∞プレイヤー』であった。そして、彼女はどこか釈然としないものを感じつつ、慣れない中、関係者の気まぐれや横車に振り回されながらも、必死に番組作りに邁進していくことになる。

2004年1月から6月迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0003328

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:3

このアニメには、このアニメに合った、F $$$の3つの言葉しかありません。ストーリーライクのようなものが壊れてしまって、何の意味もない。主人公の1人はいつも落ち込んでいて、コストに関係なく常に負であり、それが魔法少女からメカに移ったという事実…。

総合評価:5

これは悪いと思われる番組の1つですが、別のシリーズのストーリーに追加されています。モエの三部作の最後の部分まず、このショーのためのカメラワークを行ったシリーズ、そしてこのショーのディレクターの人生についてのシリーズがありました。そして今、 "子供"パワーレンジャーのようなシリーズであるはずだったこの非常に問題のアニメの最終結果。

このアニメはこれらすべての点を完全にまとめています。私たちが知っているように世界に平和をもたらすために戦っているいくつかの魔法の変身少女のショー。悪いカメラの仕事、故意に悪いアニメ - 少女の 演技とこれらの事実上のパンティーショット(これは、prequelで説明されている、同じ時間に多くの年齢層に達する可能性があります)。

ショーが悪くなっているような気がしていて、それが私たちのものです。彼らはレシピに完全に従った。そして、これは非常に天才的なもので、ほとんどのテレビ番組は私たちを捨てることはないでしょう。この三部作の終わりは残念ですが、私たちはそれがあることを知っていました。しかし、急いでショーの最終製品を見ることができるように、これを見ることは有益だった。

しかし、良い部分には:芸術は素晴らしかったし、ショーのDIDは、カメラの仕事と演技が悪いほど現実的だと感じています。結末の音楽もかなりキャッチーだった!また、シリーズ終了時のインサート・ソングは実際に私を涙に動かしましたが、私にとってはまれです。しかし、それは私がこれについて言うことができるすべての良いことについてです。私は最後まで三部作を辿り、この悪いショーの結論を得たことをうれしく思いました。あなたも魔法の女の子のジャンルが好きなら時計に値する

総合評価:5

私はかなり低い期待でコスプレヤーに行きました。タイトルのためのばかげた言葉遣いと、カバーイメージとしての萌えアートスタイルを見ても、やや良いとは思えない。まあ、私は間違っていると証明されました。ショーはそれが欠点であるにもかかわらず、かなり面白いことを管理し、最後にはかなり満足している感じを残します。みんな違う部分を見て行きましょう。

ストーリー:4/10

ここの話は非常に平均です。最初の4つのエピソードの間に、この執筆は本当に貧弱で、それは起こっていることに視聴者を導入することは本当に悪い仕事です。 彼らが最初の4つのエピソードのために本当に持っているのは、すべて新しいキャラクターの導入に焦点を当てたランダムなアクションシーンです。その間に、彼らは単に、魔法の力と変身について、吐き出されているナンセンス・ムンボジャンボの束を単に持っています。今、私は魔法少女のジャンルのファンではありませんが、私がこのショーの紹介であったとしても、焦点が合わない混乱のような気分に終わります。しかし、私たちがエピソード5になる頃には、実際のプロットラインにもっと集中し始め、すべてが少しずつ従うようになります。彼らがエピソード5から8の間に伝えるストーリーは、新しくも驚くべきことでもなく、それに何も追加しない一握りの安いプロットの紆余曲折があります。しかし、それはまだやや面白いことに終わり、最後の瞬間を通して私をかなり楽しませました。

アート:6/10(Art Style 3/10、Animation 8/10)

ショーのアートは最高ではありません。キャラクターのビジュアルデザインはあまり好きではありませんでしたが、背景は非常に印象的でしたが、印象づけることはほとんどありませんでした。そう言われて、私はモンスターのデザインが本当に好きだった。彼らはエヴァンゲリオンに触発されたように見えますが、他の人たちは完全に元気に見えて、彼らには不気味な要素がありました。

私はアニメーションが素晴らしいと思った。それは私が今までに見た中で最も息を呑むようなものではありませんが、特にアクションシーンの間には、よく見えました。

サウンド:9/10(音楽:9/10、SFX:10/10、声:7/10)

ショーのサウンドトラックは絶対に素晴らしかったです!80年代から90年代の古典的なメカショーを思い起こさせる、それにはエキサイティングな、心臓をポンピングするトランペットが詰まった曲が入っています。これらのトラックのうちの1つは、非常にキャッチーで楽しいものでした。エンディングのテーマもかなり楽しいです。私は自分の机の上にそれが来るたびに自分のドラムを見つけました。サウンドトラックの大きな欠点は、それがいかに小さいかです。すべての曲がすべてのエピソードで繰り返されています。それでも、8話のシリーズでは、繰り返しすぎることはありません。

サウンドエフェクトは、クラシック80'sメカアニメにも非常に大きな影響を受けています。大音量の鮮明なサウンディング・プラズマ・カット・サウンドや、ガンダムエバから直接切り取られたような音がします。これは私のためのショーの重要なポイントの一つであり、アクションシーンはそれ以外の場合に比べてはるかに優れています。

声質は、通行可能ではありますが、あなたの標準的な少年運賃から大きく逸脱するものではありません。記録のために、私は日本語でそれを見て、声は誇張されていて、ばかげていますが、キャラクターに合う傾向があります。

キャラクター:2/10

キャラクターといえば、あまりうまくいきません。彼らはすべて、非常に標準的な、退屈なアーキタイプであり、大きな特徴はありません。彼らの誰も私に立っていなかったし、物語の中の彼らの動機は全体を少し下に引き寄せる傾向がある。あなたがソリッドキャラクターを探しているなら、私は別の場所を見るだろう。

全体的に、私はこのショーを実際にどれだけ楽しんでいたのか、かなり驚いています。そのすべてが弱い要素にもかかわらず、それはまだかなり印象的な方法で一緒に来ました。悲しい部分は、ちょうどいくつかのものが異なっていれば、これは何か特別なものでした。しかし、そのままでは、欠陥のある、中途半端なショーに終わってしまいます...しかしまだ楽しいものです。

私はジャンルのファンだけでなく、堅実なストーリーやキャラクターを気にせず、まともな行動を見たいと思っている人たちにもお勧めします。