アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

メルクストーリア 「おてんば妖精と春を食べる竜(後編)」 第4話 海外の反応

 あらすじ

舞台は、モンスターと人間が共存する世界「メフテルハーネ」。その世界には、モンスターを倒すことなく「癒す」ことで人間との争いをなくす「癒術士」という存在がいる。

ある朝、主人公となる少年は、ビンの中で暮らす少女・メルクに起こされる。彼の住む村に、癒術士がやってきたのだ。彼女は主人公の家に来るまでの記憶を失っており、世界を旅する癒術士ならば自分が何者なのかの手がかりを知っているのではないかと考えたのだ。しかし、村に来た癒術士・エルトもメルクに関しては何も知らなかった。だが、村の東の村に住むアイオスという人物なら何か知っているかもしれないという。

かくして、メルクに協力し旅を始めることになった少年。だが彼は癒術士としての才能がありながら、モンスター恐怖症という致命的なまでの欠点を持っていた。(公式サイトより引用)

登場人物

ユウ 声 - 田村睦心

メルク 声 - 水瀬いのり

トト 声 - 花守ゆみり

ジャモ役 声 - チョー

サローディア 声 - 井上ほの花

フロイレイダ 声 - 井上喜久子

パリストス 声 - 水島大宙

メネライア 声 - 伊藤静

mercstoria

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

そのような快適なショー。紛争があっても、いつも平和的に解決する方法が大好きです<3

霧に当たってから驚くほど美しいまでの全体的なシーケンス。私はまた、すべてが平和的にどのように解決されたか、特にドラゴンを石ではなく友人に変えた方法を愛しています。すべて満足していた。私は今までこのショーを愛しています。

それはとても美しいものでした。私がエピソードの半分のためにほとんど泣かせてくれるとは思わなかった。

"成長した"というテーマ、唯一のドラゴン、お互いを助ける2人の妖精たちはすべて大好きです<3

私は今日のために私の健全な燃料を満たした。それが1週間続くことを望みます:)

ハハハ、もっとおとぎ話のキャラクター。このショーは確かに高レベルのファンタジーな雰囲気を含んでいます。

私は創造性の面で世界の構築が好きです。 (それはゲームに基づいた世界のように見える)私はこのエピソード/ショーが多くのアクションを全く持っていないことに気づいた。それでも、私はそれがゆうの力の仕方を考える必要はないと思う。 その酔っている妖精笑

今週の別の魅惑的なエピソード。解決は少し速かったが、それは私が想定するこのアニメのペースの一種だ。

だから次の週はマイノリティの国で、そのような名前から何を期待するのかわからない。

本当に満足できる結論!サローディアの成長は説得力があり、責任を他の誰かに押し付けたいと思っていたことから、サローディアが始めたことを終わらせたくなった。そして最後に、彼女は龍を封印したり殺したりしなかったが、代わりに暖かさを知る機会を与え、春になった!それは美しく、新しい形は彼女の新しい翼に、本当にかわいい!ああ、そのペンダントで彼女を守るために飛ぶ能力をあきらめている先生もまた動きました!

Paristos、そしてMeneraiahの争いも良いやり方で克服されました。彼は自分にとって重要なことを救うために危険にさらされ、お互いを尊重することを学びました。そして、これは本当に美しい作品です。私は背景のアート、そしてキャラクターとモンスターのデザインが大好きです。モンスターは私に多くのポケモンを思い出させるが、それらの飛行虫は本当にかわいい、それらのクモと同じように、彼らは全く脅迫的に見えず、攻撃されたときには悪いと感じた。女王とゼフィローダイとの関係についてもっと知ることはいいですが、それは本当に良いエピソードでした!