アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

ロビンフッドの大冒険 海外レビュー

 あらすじ

12世紀のイングランド・ノッチンガム州は、領主・アルウィン男爵の圧政によって支配されていた。ハンティングドン家は、その男爵に反抗したことから、館を焼き討ちに遭い、ロバート・ハンティングドン(通称:ロビン・フッド)と、その従兄弟達は、王領・シャーウッドの森に逃げ込んだ。ロビンは父の形見である弓を武器に、男爵に立ち向かうことを決意する。

1990年7月29日から1991年6月30日

1992年10月12日から同年10月28日に放送(ウィキペディアより引用)

robin_hood

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価8

最初に、私が与えたスコアは、このアニメが作られた時(1990-1992)に基づいていることを明示しましょう。これはいつも考慮しています。

これはティーンエイジャーのRobinhoodに関する話です。私は、Sirwoodの森の美しさと秘密を示すフィラーと、キャラクターの急進的な発展を物語る方法が好きでした。その話はもっと面白くて面白いこのアニメは主に子供たちに対処されていることを忘れないようにしましょう。それが私がまだ好きな理由です:)

芸術は非常に美しく、特に森林、村、城の風景です.Medieval Englandはこのアニメに正確に示されています。多くの美しい色が使用され、ライトはこれで重要な役割を果たします。しかし、いくつかの文字の顔はあまり丸いものであってはいけません。

音については、英語版のop / endが魅力的です!!ストーリーでは、森の雰囲気、そのメカニズムを持つ城、それに住む人々に適したサウンドが使用されています。メインシーン、

使用される音楽も非常に素晴らしいです。

キャラクターを考えると、彼らは非常によく発達しましたが、好奇心のためだけに大人のバージョンで後で見るのが好きです。マリオン嬢はこの発展の素晴らしい例です。

私はこのアニメを本当に楽しんでいました。私の子供時代を思い出させて、それをもう一度見るつもりです。終了すると、あなたは友達を連れて永遠に森に住みたいです!XD