アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール 海外レビュー

 概要

ツッパリ留年高校生コンビのヒロシとトオルがケンカや恋に明け暮れる姿を描く。主人公2人はケンカにめっぽう強いものの、必ずしも無敵の存在ではない点や、不良高校生の日常風景をリアルに伝える初期の描写が人気を博した。20巻位までは登場人物達の恋愛話や他校との抗争などがメインだったが、20巻台以降は小咄的なギャグ短編が多くなった。きうちによれば、ケンカの話を進めていくと最終的には日本一、ひいては世界一・宇宙一強い不良との対決を描かざるを得ない事になり、そうした展開にはしたくなかったからと話している。

本作は当初『少年ジェッツ』にて連載をする方向で進められていたが、編集からのタイトル変更、およびパンチラなどの要求をきうちが拒否、結果『少年ジェッツ』からは原稿を引き上げ、講談社ちばてつや賞に投稿されたという経緯がある。

1988年度(昭和63年)、第12回講談社漫画賞一般部門受賞。

当時の中高生を中心に作品は大ヒットし、コミックス8巻は初版発行部数227万部(236万7000部とする文献もある)を記録した。これは講談社の漫画本としては2014年に『進撃の巨人』13巻が初版275万部を発行するまで破られなかった。

アニメ1990年〜1998年にかけてOVAが発売(ウィキペディアより引用)

image_search_1542495809222

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価7

これは私の最初のレビューであり、2つのエピソードしか見ていないので、私はこれを省略します。

私はBe-Bop Highschoolを偶然見ることにしました。2000年以前に放映されたアニメを通常見ないので、何を期待するのか分かりませんでした。

しかし、私の喜びには、それは私が長い間見てきた、最も面白くて、最も楽しいアニメであることが判明しました。

2人の主人公は陽気です。彼らは学校の教師、暴力的なギャングや自分の友人からも大したことはありません。また、Saizen + HnGのサブは、対話の中で追加された冒涜を完全に受け入れました。

2人のタバコの喫煙者を見てみたい人は、お互いにうんざりして、女の子を追いかけます。これは正しい選択です。

残りの部分がすぐにある時点で潜伏することを望む〜

総合評価:7

 

Be-Bop Highschoolは個人的にはあまり興味がありませんが、最初のエピソードを見た後には本当にアニメに投資したOVAです。アニメは、各エピソードの初めに、学校の背後にあるタバコを吸うことで本当に自分のビジネスに気を配り、猫をつくることについて話す、この2人の高校生についてです。ヒロシと中山の2人の主人公はいつも彼らの衝動に困っているようだ。彼らはまた、ほとんどの戦いにそれらを取得する、非常に短くすることができます。しかし、彼らは凶悪犯なので、それ以来ずっと多くのことをしています。

戦いといえば、このアニメの戦いは素晴らしいです!あなたはいつもHiroshiや中山が大きな悪いことに勝つことを望んでいる。 (ところで、「Big Bads」は通常、主人公が怒るギャングのリーダーです。)

だから、私は本当にこのアニメを楽しんだ。エルヴィス・プレスリー風のスタイルで、音楽はとても涼しく、アニメーションはいいですし、キャラクターはよく書かれています。最後の2つのエピソードはまだ翻訳されていませんが、私は十分に意見を持っています。私はこのアニメを10のうち7.2に与えます。

(MALのレーティングシステムには小数点がないことにうんざりしています。)