アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

ネットゴーストPIPOPA 海外レビュー

 あらすじ

上舞市に家族と共に引っ越してきた小学生・秋川勇太は、ある日携帯電話に奇妙なメールを受信する。勇太がそのメールを開くと携帯電話の画面が光りだし、勇太はそのまま画面に吸い込まれてネット世界の中に入り込んでしまう。そこで勇太はネットゴーストのピット、ポット、パット…通称「ピポパ」と出会う。3匹の助けで人間世界へと戻った勇太であったが、ピポパの3匹に「凄いネットゴーストになること」について協力を求められてしまう。こうして勇太とピポパの冒険が始まる。

2008年4月6日 - 2009年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543201521319

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合格付け:9

Net Ghost PiPoPaそれは子供たちを対象としたアニメなので、ユーモア、インタラクション、アートスタイルはかなりシンプルですが、若いアダルト向けにこのシリーズを楽しんでいます。

物語:ターゲットオーディエンスについて考えると予期せぬことです。物語は、すべてがコンピューターとインターネットシステムによって制御される日本の初の(未来)都市に移転した小学生ゆうた(Yuuta)から始まります。残念ながら、yuutaは過去のトラウマのためにコンピュータを嫌う/恐れます。ある日、ゆうたは奇妙な文章を受け取り、

自分の携帯電話で神秘的に3つのネットゴースト(一種 自律型プログラムの)、Pit、PotとPat。ストーリーは少し遅いですが、間違いなくプロットがあります。私の意見では、子供のために理解するのはかなり難しいです。要約:良い話、素敵なスタート、プロットへの導入が遅い、しかし見て分かる価値がある。

芸術:芸術は特別なものは何もありませんが、それは非常に楽しい、鮮やかな色、細部への細やかな注意とアニメーションは素晴らしいと滑らかです。

サウンドサウンドトラックはシリーズに完璧にフィットし、開口部は粘着性があり、リズムで満たされています。声の演技については、ほぼすべての文字で優れています。

文字:これはおそらく最も良い部分です。PiPoPaから始まって、彼らはお互いに非常に異なっています。彼らは敬虔で誇りがありますが、賢く、そして何らかの形で非常に強く、反対側では、能力を使う代わりに彼らを責任感と役立てようとする人です他人に問題を引き起こす。マモール、ユウタの親友など、あなたが知りたいと思う二次的なキャラクターがいくつかあります。

楽しさについて:これは難しい部分です、私の10年の兄弟はそれを愛し、彼は4日間のようにアニメを食べて、数週間話しました。私の場合、私はそれも楽しんだが、それは傑作でもなく、それに近いものでもない。子供たちは10月10日を与えるだろうが、より成熟した観客のためには8/10になるだろう。

全体:このアニメは子供のためのものだが、あなたはそれを楽しむことができ、若いアニメをアニメ界に紹介するのには理想的だ。

注:私の弱い英語のために申し訳ありません:(

総合格付け:9

このアニメは子供のためのものですが、私はまだそれを愛する!プロット、サウンド、さらにアートワーク!

私が実際に好きではなかったことのいくつかは、文字がどこにあるのかわかりません。ネットの幽霊は完璧でしたが、ユタはいたる所に邪魔しました。

彼らは続編を作ってくれることを願っていますが、私は彼らが行かないことを知っています。

ストーリーは悲しいことに、私はミスを考慮したもののいくつかを持っています。プロットの多くの部分に穴があります。

アートはとても良かったです。オープニングテーマの3Dレンダリングは素晴らしく、その時のアニメにとって印象的でした。

SoundtrackとSFXはちょうど完璧でした!

私が以前言及したように、ユタは本当に、 本当に厄介です。

私の楽しさは抜群でした!陽気だった(特にパット)。