アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

最強武将伝 三国演義 海外レビュー

 概要

テレビアニメ版『三国演義』は中華人民共和国アニメ製作会社北京輝煌動画と日本の映像企画制作企業フューチャー・プラネット株式会社(Future Planet Co.)の合作。製作期間に4年を費やし、製作費用は日本円にして約7億円。

各話25分の全52話構成であり、第7話までが中国中央電視台CCTV)の子供向けチャンネル(中国中央電視台少児頻道)で先行放送され、2009年8月から中国中央電視台のテレビドラマチャンネル(中国中央電視台電視劇頻道)より本格放送開始。中華圏だけでなくアメリカ合衆国や韓国など欧米・アジア諸国の各企業も放送権の取得を希望している。

三国志の映像化作品は赤壁の戦いを一つの区切りとするものが多いが、本作は晋による統一までを描く。そのため例えば第1話では、貂蝉王允の養子となるまでの経緯を乱世の描写と絡めて丁寧に描く一方で、桃園の誓いから黄巾の乱討伐、張飛の督郵打擲のくだりまでを一気に描くなど、全体にスピードが速い。赤壁の戦いなど数話に渡り描写されるエピソードがある一方、ナレーションで済ませるなど省略・短縮されたエピソードも多くある。日本語吹き替え版では分かりやすさを優先してか、登場人物は劇中でも姓と諱で呼ばれている。

2010年4月4日 - 2011年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543431624930

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価10

誰もが横山光月の三国志アニメ版のロマンスを見たことがあり、それが本の全話を続行していないことを知り悲しかったですか?あなたに良いニュースと悪いニュースがあります。

良いニュースは、このやや近代的なアニメだけでなく、よく見えるだけでなく、それはまた、三国志の元のロマンスに書かれた物語をカバーし、本当に密接に最後に王国が出てくる勝利(あなたがすでに本を読んで知らない限り、あなたはそれを見てどの王国を知る必要があるでしょうか)。

悪いことに、このアニメはほとんど入手できないということです。このアニメの情報は限られているので、私はあなたに事実を伝えます。このアニメは中国語と日本語のダブの両方で入手できますが、DVDは販売のために存在しないので購入できません。

私は日本語で52字のエピソードをすべて見てきましたが(字幕なし)、このアニメの質に非常に感銘を受けました。

概要:

ストーリー:3つの王国のロマンスの元の小説の物語に非常によく似ており、最後までそれをカバーしています。物語は急いで感じるので、あなたは王朝の戦士のゲームをプレイしたことがない場合は、小説を読んで、または横山光輝三国志を見て前に、私はあなたがそれらの1つを行うことをお勧めします。しかし、私はこれが最初にこのアニメを見ることは完全に容認できると思う。それは非常に教育的です。

通常、三国志の新しいロマンスがあるとき、それは3つの派閥、魏、呉、またはシュウの視点を介して物語に従います。このアニメはシュウの視点からのアニメに続くものですが、私はそれが確かに横山光輝三国志を打ち負かして、今のところ作られた最高のRoTKアニメとしてケーキを取ると信じています。

芸術:芸術のスタイルが完璧であることがわかりました。それは現実感がよく、文字はあまりにも誇張されていません。

サウンドサウンドトラックはとてもいいです。いくつかのヒーローが戦場に登場したある時点で、この壮大なサウンドトラックが私に寒さを与えました。

キャラクター:キャラクターはとてもうまくいきました。私は本当にたくさんのキャラクターに付き添っていました。ストーリーは少し改善されたかもしれませんが、少し急いでいたので。

楽しさ:私は本当にこのアニメを楽しんで、再びそれを見ます。私がそれを好きなので、私はこのアニメの字幕を作ることにしたので、これはサブの存在しないためにこれを見て躊躇するあなたのために、喜んで!

全体:横山物産三国志を楽しんでいれば、それは終わりまで物語を覆い、現実的であるため、RoTKのベストアニメーション版です。私はこのアニメに10/10を与える