アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

少女たちは荒野を目指す 海外レビュー

 あらすじ


神奈川県に暮らす学園生の北条文太郎は特に将来の目標を抱くこともなく、日々を過ごしていた。彼はある日、クラスメイトの黒田砂雪からこの世は荒野よという刺激的な言葉とともに美少女ゲームの制作を手伝ってほしいと頼まれる。彼女は文太郎にシナリオライターの資質があると考え、自分にスカウトをかけたのだった。しかし、文太郎は美少女ゲームに詳しいわけではなく、一方の砂雪は企画者であっても作画などの技術はない。砂雪の指示を受け、文太郎は学園内からゲーム制作に必要な人材を集めることになる。
2016年1月 - 3月迄放送(ウィキペディアより引用)




✳以下myanimelistからのレビューになります




総合評価7


いいえ、私はこの番組に夢中ではありません。
それは2016年の冬のシーズンからの最高のショーではありません、しかしそれは最悪ではありません(私はあなたにAokanaとLuck and Logicを見ています)。
この番組は、あなたが悪い日を過ごしているなら自分を落ち着かせるためにあなたがただ見ている多くのアニメのうちの1つの例です。これで、このプロローグについては十分に検討してみましょう。

ストーリー:5/10
ええ、それは前に行われました。ティーンエイジャーのグループがゲームを作るために一生懸命に働いています(私はたくさんの冴えない人とシロバコを見ています)。あらすじによると、このアニメは「若者が未知の世界に大胆な一歩を踏み出す」ということになっていますが、それを探しているなら、これはあなたにとって間違ったショーです。正直なところ、この番組は、これらの10代の若者が彼らの夢の美少女ゲームを作る過程を私たちに導いてくれるただの気楽なコメディです。このショーは実際に私を少し笑わせることに成功しました( "雌犬の女王"シーン)。

ART:9/10
正直なところ、この番組は私がこれまで2016年から見てきた最高の芸術とアニメーションのいくつかを持っています。キャラクターデザインはシンプルでありながら魅力的です。アニメーションは流動的で、キャラクターの表情は目障りではありません。これはスタジオプロジェクト第9号からのアニメであることを考えると、私は彼らが取り組んできた他のアニメを見て素晴らしいアニメーションを期待していませんでした。

サウンド:7月10日
この部門であまりにも壮観。OPはアニメにはあまり適していません。曲がかなり一般的なサウンドであることは言うまでもありません。EDはとても素晴らしく、バックグラウンドミュージックはショーのための正しいトーンを設定しました。

キャラクター:6/10
公平に言うと、キャストは素晴らしいものではありません。あなたが寛大であるならば、あなたはこのショーが良いキャストをしていると言っているでしょう。つまり、文字はすべてステレオタイプです。このセクションを3/10にしていないのは、それらが相互作用する方法のためです。面白いですね。それらのリストを見てみましょう:

Buntarou Hojou:勤勉で、親切、そして状況に順応することができる、Buntarouは私たちの典型的なアニメ主人公です。彼はまたドラマクラブのために台本を書くので彼がゲームのためのシナリオを書くのを手伝うよう頼みました、そして、彼はそれでかなり上品です。

黒田さゆき:さゆきは文太郎の静かな同級生です。彼女はBuntarōを調査していて、彼が彼女の今後の試合のシナリオ作家になるのに適していると自分自身を納得させます。どちらかといえば、さゆきは私がこの番組で一番好きではないかもしれません。彼女は基本的に私達がアニメの世界で今日持っているそれらの海の中の長髪ではないシンジの母バージョンです。正直に言うと、彼女は性格が与えられていればもっと良かったかもしれません。

小早川由香:ユカはブンタロウの幼年期の友人です(少なくとも彼女は死んでいません)。彼女は演技が得意な元気な女の子で、ブンタロウと共にドラマクラブのメンバーです。ゆかは、主にコメディを目的として、周りにいるのがいいキャラクターです。彼女がブンタロウに感情を抱いていることも推測されます。

安藤輝:私たちの巨乳で、やや倒錯したこの番組の性格(fujoshi alert)は、Buntarouのクラスメートの一人です。Teruhaはゲームのプログラマーです。彼女はさゆきと戦って自分の意見を表明することを恐れていません、そして私はそれを称賛することができました。そして、彼女が「Luka」という名前のメイドカフェで働いていることを忘れないでください。

Uguisu Yuuki:Uguisuは1年生で、ショーのアーティストです。彼女はやや恥ずかしがり屋で臆病で、彼女はゲームのアートディレクターです。彼女は非常に才能があり、明らかにサイト「Pixi」で高いランクを保持しています。

Atom Kai:AtomuはBuntarouの幼年期の友人です。由香と共に、彼らはいつも一緒に見られるトリオです。Atomuは彼のガールフレンドに "あまりにも素敵だ"と言われて捨てられ、3Dの女の子やカップルを嫌います。彼には特別な才能はありませんが、さゆきが必要とする動機があり、それが彼をアシスタントディレクターにしています。

楽しみ:8/10
冒頭で述べたように、これはただ見てリラックスするのに良いショーです。誰もがこれを楽しむわけではありませんが、私は(主に私はこれらの番組のための吸盤だからです)です。

オーバーオール:7/10
誰にもこのショーを強く勧めない。でも、このようなショーについて私のように感じることができれば、先に行って少女たちはこややをめざすを見てください。




総合評価6


まあここに私は本当の理由もなく少し悪いラップを得たと思うショーです。
しかし、私は人々がそれをあまり好きではないと思う理由がいくつかあります。
まず佐野野がこの公演の前にやってきて、それの目新しさはすでに多くの人にとってすり減っていました。
第二に、人々は初めから特別な何かになることを実際に決して試みなかった何かのために彼らの期待をあまりにも高く設定します。

- 実際のレビュー:マイナースポイラー警告。

- プレゼンテーション(ビジュアルとサウンド
視覚的には場違いに見えるものは何もありませんでしたが、これは多くのアニメーションを必要とする非常にアクション重視のショーではないことを考えると奇妙ではありません。
サウンドバイス私はOPとEDが好きです、私は実際にそれらが今シーズンのより良いもののうちのいくつかだったと思います、私はちょうど歌がどれほど爆弾的であったかが好きです。
しかしそれでも、背景トラックのどれも私には目立ちませんでした。

- ストーリー
私は基本的に、この番組をよく考えなくても簡単に理解できる何かを見るためにこの番組を選びました。
これは確かにプロットの傑作ではないし、必ずしも悪いわけでもない、非常に平均的なものだからだ。
それに対する私の最大の問題は、本当の理由がないのにキャラクターが時々お互いに腹を立てることになるということです。
そのようなことは基本的に作家がシリーズや彼らが取り組んでいる映画に残っている非常に限られた時間で働かなければならないときはいつでも起こります、従って彼らはそれを少し急ぎます。
少なくともキャラクターは、物事がかなり短い時間でどれほど愚かであるかを実感します。
もう1つの重要な点は、登場人物がインターネットについて聞いたことがなく、ドラマを追加するためにディスクで製造元にゲームを提供しようとしていることです。
最後にはどこにも行かなかった「ロマンチックな」シーンがいくつかあり
ました。
いくつかの場面でこのショーはVN業界についてコメントをしますが、それほど頻繁ではありません。
冴えない少女たちは、実際のゲーム制作のクリエイティブな部分に焦点を当てているのに対し、それほどユーモアがありません。
全体的にこのショーは、その目標をかなり根拠のあるものにしておくので、そのプロットで実際に失敗することはありません。

-Characters
このショーは非常に典型文字を持っており、それはそれを知っています。
たとえば、すべてのキャラクターは、そのアーキタイプを定義するもののうちの1つに関連した名前を持っています。たとえば、黒田の名前は彼女の黒い髪を指します。
また、私はすべての声優が彼らが演奏していた原型に対して最も典型的な声をするように言われたに違いない。
しかし、すべてのキャラクターが完全に原型的であるわけではない、Buntarouは実際には一般的なハーレムMCを作るかなりの数の事柄に矛盾しています。 。
黒田はまた、彼女の原型の典型的なものを覆し、常に氷のような個性を持つのではなく、彼女はゲームプロジェクトに関してBuntarouに最初に接近した人です。
それはいくつかのまともな文字の相互作用を持っていますが、文字はまだほとんど探求されていないままです。

- 全体
的には絶対に私はひどいアニメを検討するものではないでしょう、あなたはそれだけで前提でそれを判断することはできません。
しかし、それはそれほど驚くべきことではありません。深いキャラクターや何もないひねりを加えた型にはまらない面白いプロットはありません。確かにまともな一方で、アニメーションにはそれほど魅力的な瞬間はありません。
この番組で一番良かったのはおそらく曲だった。
私にとってそれほど驚くことではないショーを見ることはめったにありません。
冴えているのか少女たちを推薦するように頼まれたら、どちらかというともっと楽しいと思うようにしてください。
私はこれを佐野野をすでに見ていて、似たようなものが欲しい人、そして何か簡単なことで時間を埋めたい人にお勧めしたいと思います。