アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

グランクレスト戦記 第17話 海外の反応

✳以下reddit.myanimelistからの反応になります(前話のredditコメント数は136、いいねの数は238でした。)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=FfwJ-ht4MfU(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=VL4NVdM00FM(公式)

 第17話あらすじ

テオは圧倒的な戦力差でミルザーを一角獣城に追い詰めた。ところがミルザーは籠城せず、一角獣城から打って出ようとする。テリウスはヴァルドリンドからの援軍を待つべきだとミルザーを制するが、彼の揺るぎない意思を知り、最期まで彼とともにすることを決意するのだった。

アルトゥーク条約軍はミルザーを討ち取ろうとするが、鬼神のごとく進軍するミルザーを誰も止めることが出来ない。そしてついにテオの陣まで肉薄したミルザーは、テオに一騎討ちを要求。テオとミルザー、生き残るのはどちらなのか?(公式サイトより引用)

ogp

ミルザはこのエピソードで本当に血だらけのように見えました。恐ろしい。

かなりスリリングなエピソードは、特に戦場での動きに似ています。それはシルーカとアイシェラとの戦いを意味するとしても、ミルザが何も彼の目標を達成するために停止しているようだ。真剣に、男は彼のひどい人格にもかかわらずかなり厳しいです。

テオと1対1で対決しました。私は認めなければならない、戦いは私の期待に応えた。ミルザは損失に値する。

うーん、ミルザは少なくともマリーネを危険にさらすことには心配していると確信している。包囲が始まる前ミルザのように最初にチャージしてください。テオの戦術はミルザの力を強力なユニットで繰返し攻撃することです。

美しい、絶対に美しいエピソード。アニメーションを見せつける壮大な方法なので、細かいディテール、動き、彩色、煙の効果、ショット、美しい。それは本当に特別でした。テオは本当にここのボスだった、彼は完全にミルザを倒して見せた。

私はこのシリーズを選んだのでとてもうれしく思います。

このエピソードでミルザは恐ろしい、それらの殺人者の目を見た。スリリングなシーンもたくさんあります。

ダルタニア軍は確かに強力です。テオに会うためだけに軍を無視しているミルザ、どんな狂気の男。いくつかのシーンは、特に魔法の呪文を使用したアニメーションが良好でした。

テオ対ミルザの最後に、テオは知的な男であることが示され、彼は最終的な打撃を処理した。ミルザは彼の死に値する。満足したエピソード。

テオとミルザとの間の壮大な戦いは、ミルザが利己的過ぎたたので、マリーネの再建を待つことはなく、最終的には敗北に値する。

また、私は黒いミドルネームとの漫画のダークスタイルの戦いが大好きだった、彼らはこれのエピソードの品質の残りを犠牲にしたとにかく価値があった。

今度はマリーネを服従させる時が来ています。そして、特にシルーカの父親は死ぬ必要があります。私は、魔法使いとの戦いともちろん、シルーカの勝利を期待しています。

このショーは、myanimelistで狂気のように過小評価されています。私は、エピソード1が今日の決闘を見た後、それを爆破したすべての人々がその点数の全体のポイントを上げて飛び跳ねるかどうか、かなり確信しています。

良い仕事テオ!私はあなたを誇りに思います!通常、キャラクターがデュエルを受け入れるときには、すべてのコストをかけることができますが、これは素晴らしいことでした。

別の言葉では、私はそれがとても馬鹿だと思っています。マリーネの魔道師はミルザに捧げられました。あなたは彼と特別な絆を持たないようにしてください。彼は毎回あなたのお尻になっていましたが、死の考えで泣き、自殺しようとしています。Gtfo(Get the fuck out消え失せろ!)

最後に、誰もが待っていたエピソード。

ミルザと同じくらいの悪影響があったので、私は彼にシルーカ、アイシェラ、双子のオオカミ、忍者のバトラーを乗せ、それらのすべてを乗り越えるための戦士の地獄の一員になってくれるだろう。しかし、最終的にテオのタートル戦略が勝ったように見える。彼の死はもう少しグラフィックだった。しかしテオが喉を通って剣を押していくのを見ることは、結局はかなり満足していた。テオはずっと私のお気に入りの主人公のうちの一人です:D