アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

カリギュラ 第5話 海外の反応

 第5話あらすじ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。

アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。

その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くのだが……?(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)

アリア 声 - 下田麻美

水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 - 渕上舞

佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 - 武内駿輔

峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 - 梅原裕一郎

巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 - 細谷佳正

響 鍵介(ひびき けんすけ)声 - 蒼井翔太

柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 - 村川梨衣

守田 鳴子(もりた なるこ)声 - 小澤亜李

篠原 美笛(しのはら みふえ)声 - 高橋李依

神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 - 田中美海

天本 彩声(あやもと あやな)声 - 長縄まりあ

琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 - 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 - 上田麗奈

カギP 声 - 蒼井翔太

スイートP 声 - 新田恵海

少年ドール 声 - 花守ゆみり

ミレイ 声 - 中村繪里子

イケP 声 - 斉藤壮馬

シャドウナイフ 声 - 内田雄馬

ウィキッド 声 - 渕上舞

ソーン 声 - 大坪由佳

梔子(くちなし)声 - 茜屋日海夏

Stork 声 - 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

まあ、これは楽しいだけでなく、厄介なエピソードアミューズメントパークの活動と一緒に。

他のエピソードのいくつかと比較して、これははるかに不愉快に感じました。私はMireiの女性がサディストか何かであることをかなり確信しています。しかし、悲しみの後にはいつも現実の歪みがあるようです。

Mireiは真剣に奇妙なキャラクターです。ショーは彼女をできるだけセクシーなものにしようとしているようだ。現実のテーマはまだそこにある。

式島律のコトノへの最初のラインは、本当に古典的なピックアップラインのようでした。イベント全体が実際にどのような狡猾なトラップだったと思う。コトノとMireiの間の競争は荒涼としましたが、彼らの異なった性格を示す良い仕事をしました。律は確かに熱い席に座った。コトノのMireiへの演説はかなり強いものであり、彼女の目覚めの道を開いた。最初の本当の戦いが次のエピソードを開始するように見えます。新たな同盟や敵を導入しながらも、必要な開発をしている興味深いエピソード。コトノはチームの強い味方に見えます。

その遊園地では何か変わったことが起こっていました。それらの少年のいくつかは確かに歩いているのが好きです。その2人の間の競争は非常に奇妙でした。グループには新しいメンバーがいます。これは素晴らしい心理アニメになりつつあります。

競争へのアリアの反応はオンポイントであり、私の心を大いに語りました。また、最後の律のラインは良い総和です。一体何が起こっているのですか?そして、クラブルームのスズナというランダムな男の子は誰ですか?

キャラクターは前のエピソードで図書館にいて、メイングループを見つめていたときに表示されていました。

奇妙なエピソード。しかし、先週と同じくらい面白いとは思えませんでした。

コンテストは偽であると言うことができました。なぜなら、多くの人々がコトノに投票したことはないからです。彼女のキャラクターデザインは、他のショーのバックグラウンドキャラクターになるほど穏やかです。

私は本当にこのエピソードを十代の出会いのための一種の隠喩として楽しんだ。すべてがとてもロマンチックでいい感じです。

かなり良いエピソード..しかし、私は思っています..これはロマンスがありますか?それとも、ゲームにロマンスがありますか?

くそ、律はこのエピソードを公開した。今私はそれについて考えて、人々を目覚めさせるために彼らが言うことは本当に文脈から厨二病を鳴らします。

私はそれを全く理解していませんでした。彼女の母親は最初から偽造されておらず、彼らはただ彼女の形を変えましたか?彼女はどうして古い形の母親を見つけたのですか?それは本当の母ですか?