アニメ海外の反応&レビュー

海外アニメサイトからコメントやレビューを翻訳していきます。よろしくね(o^-')b

ピアノの森 第7話 「再会」 海外の反応

 第7話あらすじ

5年の月日が流れ……。父・洋一郎の勧めもありザルツブルグに音楽留学中の修平。留学先の学校で偶然目にしたある映像が頭を離れなくなり一時帰国を決意する。修平は今のカイと向き合いたいとその行方を捜すのだが……。

(公式サイトより引用)

180323_piano_11523321413002

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

偉大なフラッシュバックはついに終わり、エピソードは現在のところにもっと焦点を当てています。彼らがシュウヘイの役割を構築する方法は面白いです。個人的には、日本のカイに対するライバルだと思う。

カイは本当に彼の前にあるものからキャラクターとして進化しました。今は高齢者として非常に成熟しています。

彼からのピアノ演奏はまだ才能の多くを示しています。

5年のタイムキープと私たちは何を得ましたか?天才的なピアニストが罠に変わった、もう一つの良いエピソード。しかし不安なピアニストと彼の口を洗う必要のある子供(私はここで彼のように3人以上をピアノのスキルなしで見つけることができます)。エピソードが好きで、再会は本当に良かったし、カイのためのアジノの挑戦で、これがどうなるか楽しみに待っています。

私は小学生のピアノの日本の基準(いわゆるマージンのない厳密な音符に従う)で、いわゆる#1が世界の視点でピアノスタイルの剽窃タイプになるのが好きです。

シュウヘイは日本のピアノレーティングシステムで最高得点を簡単に獲得していますが、世界のスタンダードに入ると、彼自身のスタイルを持たないことで叱られます。

基本的にシュウヘイは、コピーを克服して自分のスタイルを見つけるために、5年前に経験したカイの最初のステップを追い始めるばかりです。カイはもう5年前から自分のスタイルを磨いてきたが、5年後にはスタートラインに入るので、正直に追いつくのは本当にたくさんある。もはや競争ではない。

なぜ彼は彼が彼と一緒にいて下劣な/恥ずかしいと感じるので、彼が彼の音楽を聞いたすぐにカイからすぐに逃げたいと理解することができます。カイが何かをするように頼んだら、彼はおそらく恐怖を感じるでしょう。(彼は日本の小学校でカイは1位になることを約束した)彼は自分の音楽をできるだけ磨くことを望んでいる。

これら重要でないすべてのキャラクターは、驚くようなものです。レイコとトイレガールはどこですか?

5年が経過し、カイは最善を尽くしている。そして、シュウヘイは彼に直面し、逃げるのをやめることにした。また、シュウヘイは、カイが特別なアジノの才能がどのようになったかを理解するのを助け、カイは彼をもっと尊敬するようになりました。最後のパフォーマンスも素晴らしかったです。私は彼らの絆がまだそこにあるのが好きでした!

カイとシュウヘイの再会は面​​白かった。XD

うわー、カイには生徒がいますか?最終的に再びピアノを弾くシュウヘイはかなり感情的な瞬間でした。

世界を上回るようにカイに話すアジノとの最終的なシーンは素晴らしかったです。

私は5年前の飛躍に本当に驚きました...しかし、このショーが残っている限り、エピソードの全体はそれほど魅力的ではなく、リベットでもありませんでした。カイさんの生徒である大樹が、雨宮と遊んで最初の感情を全部解き放つのは初めてです。でも、私はカイの仕事で「マリア」と少し困惑していました。彼の背景を考えれば、それは理にかなっていると思う。しかし、私は彼の母親が比較的近くにいることを見たいと思っていました。そして、代わりに、アジノがカイの守護者になったという事実を除いて、彼女が今どこにいるのかを実際には知りませんでした。だから、私は少し失望していました。私は、カイが取っているリスク、フォレスト・エッジからの雇用と維持、そしてこの「権威ある」企業における彼の役割について話していることで、学校は何らかの形で危険にさらされることはありません。彼らは本当にその帽子にちょっと傾けるように見えました。